スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗い屋お姫捕物帳

ヒュッ!風を切る音とともに投げ縄が舞う!

洗い屋お姫捕物帳―まぼろし若さま花変化洗い屋お姫捕物帳―まぼろし若さま花変化
(2008/10)
越水 利江子丸山 薫

商品詳細を見る

児童書で、時代物、捕物帳…、しかも表紙は可愛いくて明るい感じ。そして、「洗い屋お姫捕物帳」というタイトル…。「洗い屋」ってなんだろう…。
新しい物語に出会えました。


 時は江戸時代、父親文七が謎の死をとげ、その形見の十手と秘術投げ縄をうけついだ「お姫」が、花のお江戸で悪をほろぼす手助けをする物語です。お姫は、元気で明るく可愛らしい15歳の女の子。祖父の善兵衛と暮らしています。
 捕物帳ということは、ミステリー。ちりばめられた謎に引き込まれます。時代物ですが、さりげなく江戸の時代を説明してあって、背景もとても鮮やかでわかりやすいです。
 お姫の相棒は、気弱だけれど腕は立つ二枚目スズメ俊平と、少年ゴン。
 シリーズの第一弾は、美貌の花蝶太夫の命をねらう闇の一団と対決です。
 手に汗にぎるだけでなく、お姫ちゃん、花蝶太夫、スズメ俊平などなど、登場人物たちの背負っているものに胸がキュンとします。
 読み始めたら最後まで読まずにはいられませんので、読み始める時間に注意が必要かも! 明かされずに、つづく…の謎もあります。第二弾が楽しみです。


  そうそう、「洗い屋」という商売は、とても興味深いです。私は最初、和服の洗い張り屋さんかと思いましたが、ぜんぜん違ってました^^;。お姫ちゃんの本で初めて知りました。さーて、どんな商売でしょうか? ^^v
スポンサーサイト
プロフィール

hayapi8

Author:hayapi8
(^_-)-☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。