スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしいこと

きのうの記事への拍手、どうもありがとうございます♪
とってもうれしいです。


で、私が元気になれる出来事がいくつかあることに改めて気づいた。
うれしいことをノートに書いたり、口に出して言ってみたりすると、そのうれしさが心にしっかり認識できるらしい。そして、心の栄養になるみたい。
それは、不安の坂道を転げ落ちている自分を止める効果がある。


創作をすることも、うれしいことのひとつ。
心が重いと、原稿を見る気持になれないのだけど、とにかく読み返してみると、やっぱり創作をすることがうれしいと実感する。
今は、新しい作品の推敲中。
スポンサーサイト

季節風春の研究会

『季節風・春の研究会』
児童文学の新しい風をもとめて!パートⅡ
が5月2日に迫っている。

すごーく残念だけど、今年は参加できそうにない…というか、その日までに体調(心)を整えることができない。


お会いしたい方々ばかりで、行けば学ぶことがたくさんある。
それに、懇親会は、おめでとう~♪がいっぱいで、元気もいただける。
あー、残念でしかたない。ショック…がっくり

しかし今は、心が重くて、どうにも元気になれない、とても不安定な状態。
これでは人生つまらないので、自分の心をセルフコントロールできるように練習中。
秋の大会参加をめざして、がんばろう! おおー!



ハヤピの庭の片隅に鉢植えのこでまりが咲き始めた。
昨年は、虫がいっぱいついてしまって、もうダメかなと思ったけど、私の大胆な剪定がまぐれ当たりしたのか、今年はたくさん花をつけてくれた。うれしい。
花言葉は 「優雅 努力」 だそう。
なんかいい。

こでまり

モッコウバラが満開

モッコウバラ1
小さくて、あまり手入れのされていない ハヤピの庭。
モッコウバラの枝も、暖かくなったら手入れをしてあげようなんて思っていたら、つぼみがたくさん。
せっかくなので、伸び放題のまま花を楽しむことにした^^;
満開です。
9年前、鉢植えを買った時、
「ぼくがバラぐみになったから買ったの?」
なーんて、うれしそうに言っていた幼稚園児(ナガオ)は、思春期反抗期満開だ(…困)
この花を見るたびに幼稚園の門の前でのやりとりを思い出す。
手入れしてあげなければ
焦る3

こころのセルフ診療室

自分でできる こころのセルフ診療室 (こころのワークブック・シリーズ)自分でできる こころのセルフ診療室 (こころのワークブック・シリーズ)
(1999/06)
マーサ デービス  マシュー マッケイ

商品詳細を見る

河野友信・監修      創元社


去年の終わりごろから、心の元気がないな…と感じていた。
息子たちの新しい学年が始まって忙しい春。
ますます調子が悪いと感じるようになった。
でも、(だから?)はやく治したいという気持ちも強くなってきている。


机のかたずけをしていたら、病院でもらったメモがでてきた。
「不安や悩みを解消する3つのテクニック」
困難な状況が予想されるとき、自分にこんな言葉をかけてあげよう。というようなことから始まって、不安な状況を乗り越えるための言葉がいろいろとかいてある。
これだ!
そのメモに書いてあった書名をみて、さっそく注文、購入した。


日々のストレスをうまくコントロールして、私の場合はパニック発作とさよならするために、この本を熟読して、実践していくことにした。


ただ、このメモをいただいたとき、臨床心理士の先生もおっしゃっていたが、この本は翻訳ものなので日本人の生活とはちょっと違う点もあるので、臨機応変に自分らしい方法を見つけようという姿勢が必要なようだ。




離任式

子供のころ、どんなふうだったか、まったく思い出せない。
わあ、そんなに遠い昔になってしまったのか、記憶力のせいか…(- -;


ツギオの通う小学校では、今ぐらいの時期に移動になった先生たちが来て、5、6時間目に離任式をする。そして、そのあと完全下校の時間まで別れを惜しんで一緒に遊んだりするらしい。


うちには校内放送が聞こえてくる。
「なごりおしいとは思いますが、下校の時間なので、そろそろかえりましょう」


涙、涙のお別れになることもあるようだ。
ツギオも1年、2年と担任の先生が次年度に移動。
「ぼくの先生はいつもいなくなっちゃう」(ToT)
幼稚園もそうだったね。


なので、離任式ときくと、ツギオの気持ちを思い出して、さびしい気持になる。
ツギオにとって、学年があがり、知っている先生が増えることは、うれしいことなのだ。

かみひこうきとばしたら

おはなしひかりのくに(2009年3月号)
かみひこうきとばしたら
作・白井三香子 絵・剣持晶子

うーちゃん と ぶーちゃん が、かみひこうきをつくりました。
ふたりは、さっそくのはらにいって、かみひこうきをとばします。
うーちゃんごう と ぶーちゃんごう は、そよかぜにのってぐんぐんとんでいきます。
どこまでとんでいくのでしょう。


剣持晶子さんの絵は、やさしくて好きです。かみひこうきを追いかける元気なお話ですが、水彩の淡い色合いの絵で、登場するどうぶつたちのやさしい心が伝わってきます。
本の奥付けのページに、剣持さんが作った、このお話の世界のミニチュアの写真が載っています。
興味深いです。


「かみひこうき」には、うちの息子たちもいろいろ思い出があります。

お父さんがお迎え

と言っても、幼稚園ではない。
小5のツギオの下校の話。
このご時世なので、下校班と別れてひとりになるあたりまで、毎日迎えに行くことにしている。
ひとりで帰る距離のほうが長いのだ。
ほんとうなら、「ただいまー!!」って、ひとりで帰ってこられる年齢だけど、
ナガオが小学生の時、知らないおじさんに声かけ被害にあったりした道なので気になる。


昨日は、お父さんが仕事お休みだったのと、私が行けないことがわかっていたので、
「お父さんが迎えにいくよ」といっておいた。


お父さんは、「えー、迎えにいってるのー?」って驚いてたけど、
ツギオはお父さんのお迎えをすごーく楽しみにしていたようだ。
「ワーイ、ワーイ」という感じで、帰宅した
ピース

ひとりでサイクリング

お父さんは仕事で、
ナガオは夜寝るのが遅かったようでグーグー寝てるし、
ツギオをさそったら「ぼく行かない」って言うし、
で、お昼の焼きそばを28センチのフライパンにいっぱい作って出かけた。


隣の市まで、駅で言うとふた駅分(なんて言っても、意外と近いんです^^;) 片道5キロ弱。
駅前のスーパーに駐輪しようとしてビックリした。
しばらく行かなかったら、有料駐輪場になっていた。
しかも、車輪をロックして、帰りは精算機で精算するシステム。
あんなの初めて見た。kao05
おじさんにお願いするのとはちがう。
初めての機械というのは、ドキドキしてしまう。
なんとか止めることができて、ロックの解除もできたので、ホッとした。


すぎてしまえば、良い経験だったとうれしかったりする。
家にもどって、キョリ測というサイトで距離をみたところ、12キロくらいのサイクリングだった。
あと、ショッピングもしたので、歩数計は今、12118歩。
結構運動したみたいグー!


今日の創作☆途中、喫茶店で少し書いた。



いもうと物語

きのうの夜、子供部屋の本棚から手にとって読み始めたら、止まらなくなった。
再読。短編連作で、覚えていない作品が多かったのと、面白かったので夜遅くまで読んでしまった。

いもうと物語 (新潮文庫)いもうと物語 (新潮文庫)
(1994/03)
氷室 冴子

商品詳細を見る

昭和40年代の北海道を舞台にした、作者の半自伝的小説。
小学4年生のチヅルを主人公に、姉(中1)、父、母、親戚、学校の友達との日々の騒動が描かれている。


今回は、読んでいて「ちびまる子ちゃん」と似た雰囲気を感じた。設定だけでなく、笑いのセンスというか、思考の回路というか、文章の雰囲気か…。


大人の小説として描かれた小学4年生を読むのは、なるほど…と、勉強になった。
短編集なのは残念だった。
それぞれの作品で、知りたいことが残ったまま終わっていくのだ。連作なので、他の作品に書かれていることもあるけれど、書かれないままのことも多い。もっとくわしく読みたい感じ。
それって、小説と児童文学の違いでもあるのかな? 



今日の創作☆あらすじのメモを書く。今朝、公園をウォーキングしながら考えていたことを書き留めておこう。

超劇場版 ケロロ 軍曹  撃侵ドラゴンウォリアーズであります!

今日、車で40分ほどのショッピングモールへ(映画館) この映画を観にいった。観るのは、ツギオ&ナガオ&お父さん。
早めに家を出発したのに、なんだかんだと、ぎりぎりになってしまった。
で、車をおりると、三人は映画館へ、ダーッシュ!!
私は、観ないので、コーヒーブレイク&ショッピング。


↓本は『角川つばさ文庫』。劇場版の完全ノベライズ。
ツギオは本も読んで、今日の日を首をながーくして待っていた。


内容は。
宇宙のかなたケロン星から、4人の部下をつれて地球(ペコポン)侵略にやってきたケロロ軍曹。
ある日、なぞの巨大物体「竜のしっぽ」が世界中に出現した。 その正体を探るうちに、ケロロたちはフランスにたどりつく。
そこで、なぞの少女シオンのもつ「竜の書」の不思議な力により、ケロロは凶暴なドラゴンへと姿をかえることに……!!

映画館から出てきたツギオは頬を紅潮させてニッコニコだった。

小説侵略! ケロロ軍曹    撃侵ドラゴンウォリアーズであります! (角川つばさ文庫)小説侵略! ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります! (角川つばさ文庫)
(2009/03/03)
伊豆 平成

商品詳細を見る

原作・絵 吉崎観音

『なりました』 『うみのむにゃむにゃ』

ツギオがときどき本棚から出して読んでいる絵本。
児童文学も絵本も、子供から大人まで楽しめる本ということを実感する。
今日は、ふたりで読んだ。
なりました (たんぽぽえほんシリーズ)なりました (たんぽぽえほんシリーズ)
(2004/04)
内田 麟太郎

商品詳細を見る

「かばが においを かぎまする」
さ~て、何になるのでしょう。
ツギオが言うには、「近いもの(似ているもの)になるんだね」
(ページをめくると、どうなるんだろう) は、小5の息子にとっても、何度読んでも楽しみなのだ。



うみのむにゃむにゃうみのむにゃむにゃ
(2003/10)
内田 麟太郎

商品詳細を見る

のんびり釣りをするおじいさん。何が釣れてもすててしまう。
ツギオ曰く。
「おじいさんは、これが見たかったんだよねー」
ツギオは、本を閉じても「なんなのよ なんなのよ~」と繰り返していた。
ほんと、「なんなのよ~」 この絵本の面白さ。親子で大騒ぎしながら遊べる本。




今日の創作☆頭に浮かんできたシーンや、セリフをノートにひたすらメモした。
順番はまだ無い。それくらい荒削りなあらすじ。

名古屋から届いたもの

愛知県に住む義母から、味噌煮込みうどんやら、お菓子やらいろいろ届いた。
おばあちゃんからだよー笑い。
段ボール箱を見ただけで、息子たちは大喜び。
送ってくれたものは、自分たちの好物だと直感している。
それ以外にも何か入っているかな。
かなり期待が大きい。

ドアラ
この、中日ドラゴンズグッズも、息子たちの待っているもののひとつ。
今回は、球団キャラの「ドアラ」タオル。
今までも、ドラゴンズタオルは息子たちのお守りだ。
林間学校など、家から離れるときはバッグに入れて出かける。
このドアラのタオルは、私がもらおうかな。
1994年は、結婚した年で、シーズンの最後、中日、リーグ優勝か! 
と、盛り上がった。
優勝はできなかったけど、思い出深いシーズンだった。
だから1994のタオルは、私がいただこう^^/



春休みは、ひとりになって創作するのはなかなか難しい。
主人公の名前を考えていたら、ナガオがいろいろと横でアドバイスをくれた。
そして、ツギオの勉強をみながら、あらすじをメモ。
私は、主人公の名前が決まらないと書き出せない。
名前が決まったので、さあ、書き始めましょう。

子供部屋って難しい

昨年の5月に二段ベッドを買った。
思えばもう一年近くたったんだ~@0@


それまでは、あまり家具を置いていない和室に、4人並んで寝ていた。
しかし、ナガオの寝相があまりにひどく、
両側に寝ている夫と私は安眠できない日が続き、
とうとうがまんの限界ということで、ベッドを買って、子供部屋をつくった。


私は、最近、もしも子供部屋を別にしなかったら、どうなっていたかな。と、考える。
ナガオは「おやすみ」と言った後、おそらく深夜2時近くまで起きているようだ。
朝、全然起きられないし、学校でも眠気との戦いのようだ。
体こわしちゃうよ。部活だってやってるのに。


いまさら、いろいろ言ってもしかたないけど、
4月、ナガオ、おまえは受験生なのだよ。
いっぱい勉強しろなんて言わない。
けど、普通くらいには勉強しなよ。
眠気でボーっとしてない、すっきりした頭でね。


そんなわけで、新学期の始まりにあたり、いちどナガオに話さないといけない。
でも、改まった話と感じると、逃げるんだよな~。



いろいろ、心の痛いこともあるけれど、創作は毎日続けている。
新しい作品のための参考本をあるていど読んだので、
今日から作品のあらすじを書く。
(敦子さまのマネして、創作日記^^; つづくかな~
コリラックマ

カーフェリーのたび (月刊かがくのとも)

昨日の記事への拍手、どうもありがとうございます♪
4月ですね^^。気持ちも新たに前進します
グー!


そう、広い海への船の旅なんていいなあ~。心がのびのびとしそう^^/。
みねおみつさんらしい、繊細でいて温かみのある絵が、どのページにもあふれています。


本の中ほどに、見開きをさらに左右にページがひらけるようになっていて…。
4ページぶんのカーフェリーの全景が、星空の下、海を走っています。
船の全景といっても、外観ではありません。内部が隅々まで描かれているのです。
おおー! と、思わずツギオと声をあげてしまいました。
一緒に見ると、こどもとの会話は盛り上がること間違いなしです。



みねお みつ・作  月刊 かがくのとも 2009年5月号 福音館書店カーフェリーのたび240

プロフィール

hayapi8

Author:hayapi8
(^_-)-☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。