スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フツーの子の思春期

友人に教えてもらって出会った一冊です。
「フツー」というのは「ふつう」ではなくて、
思春期の子が、ある時は心の防護壁として使い、
ある時は心の内をうまく言葉にできない時に使うなどなど……
会話を成立させる気がない時や、できない時に使う言葉。

なるほど…と、うなずくことの多い本でした。

スクールカウンセラーとしての経験からの事例から、
今の思春期の子たちの生きづらさを心が痛くなるくらい感じて、
たびたび、読むのを止めて考えてしまいました。

学校へ行けなかったナガオの言動もだいぶ見えた気がします。
ナガオの心配していた部分が、「内省」であり、
精神面での成長であることも納得できました。

思春期の子どもたちに向ける著者の考え方に共感します。
他の著書も読もうと思ってます。

フツーの子の思春期―心理療法の現場からフツーの子の思春期―心理療法の現場から
(2009/04)
岩宮 恵子

商品詳細を見る


で、我が家のナガオですが、公立高校への進学が決まりました。
とってもハッピー(^O^)/といった様子で過ごしています。



スポンサーサイト
プロフィール

hayapi8

Author:hayapi8
(^_-)-☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。