スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛騨高山、白川郷、下呂温泉の旅&帰省

22日から5泊6日で出かけました♪
子どもたちの夏休み最大のイベント、おばあちゃん家への帰省です。
今年は、その前にちょっと旅行をしました。
岐阜から愛知へ。いつもの帰省よりも盛りだくさんで、とっても楽しい六日間でした(^o^)

高山
高山の古い町並みにある酒屋の店先。


白川郷です。展望台への坂道。木陰で涼しいです。 白川郷展望台へ
展望台から見た合掌造りの村です。世界遺産です。 合掌村


温泉は、高山と下呂温泉でした。どちらもとってもいいお湯で、絶対、美肌効果バツグンです。
下呂の温泉街では、足湯めぐりもしました。
少し深めの足湯は、服をぬらさないように注意しましょう(←私の反省(^_^;)

そんなこんなで、今日から子どもたちは、夏休みの宿題の仕上げ。
私は、季節風大会に向けての創作……。
したいけど、旅の後片付けです^^




☆「猛暑お見舞い申し上げます」「尼子十勇士伝」への拍手をどうもありがとうございます☆
スポンサーサイト

尼子十勇士伝

謀略渦巻く乱世に、人間への信頼を貫き、誇り高く生きた男がいた!
尼子十勇士のひとり、山中鹿之助を主人公とした物語。

尼子十勇士伝―赤い旋風篇尼子十勇士伝―赤い旋風篇
(2010/08)
後藤 竜二

商品詳細を見る

戦国時代の末期、山陰・山陽の十一カ国を支配した出雲の戦国大名・尼子氏は、新興勢力・毛利元就の謀略に乗せられて、身内の「新宮党」を全滅させてしまう。山中鹿之介の幼なじみも全員が眼前で殺害された。「なぜだ!」無念の思いを胸に秘めて、なお、人間への信頼をつらぬき、戦いつづけた男の青春をダイナミックに描く。(新日本出版H.P. より)

三部作として企画されていたそうですが、後藤竜二氏の急逝により、上巻「赤い旋風編」のみの刊行だそうです。続きが読めないのは本当に残念ですが、上巻だけでも…と、ゆっくりと丁寧に読ませていただきました。
(まだ、現実として受け入れられないでいる気持ちもあるのですが…)
後藤竜二さんの児童文学への思いは、生き続けるのだと感じました。

そういえば、次男が「1ねん1くみ1ばん サイコー!」最終巻を読んだそうで、後藤さんのことを話したら、
「でもね、あの話、永久に終わらないんだよ。ずっと続くんだよ」と言ってました。
確かに、永遠ですね。



猛暑お見舞い申し上げます

先ほど午前10時半ごろに、市内の防災放送で、気温が35度を超えたので熱中症に注意しましょうと言ってました。このところ、毎日です。暑いです。

うちには、おばあちゃんもいるので、いろいろ注意しないといけません。
水分補給は、こまめに! とか、食欲があまりないときでも、食事から摂取する水分があるので、栄養のこともあるけれど、水分をとるためにも、三食かならず食べましょう! とか。
それから、夏野菜は水分が多いので(きゅうり、トマトなどなど)、せっせと食べましょう! など。

暑すぎる時間帯は、工夫して過ごすしかないですね。冷房は高め(28度~29度)の温度でも、廊下から部屋へ入ると涼しー(^o^)って感じます。外気温との温度差は気をつけないといけません。
冷房のきいた部屋にばかりいるのも、体に悪いような気もして、なんだか体調管理の難しい夏です。

そんななか、久々に小さな作品ですがひとつ仕上げました\(^O^)/

今年は「季節風」の大会に参加したいので、今日から大会に向けて作品を書きます。



クレマチス仙人草
クレマチス(仙人草)…日本のクレマチスの原種だそうです。直径2センチほどの小さい花が咲き始めました。
この猛暑にも負けず咲いています。たくさん咲きそうです。


☆「れっつ!スイミングを読んで」に拍手をどうもありがとうございます☆

れっつ!スイミング を読んで

今年、地元の推薦図書になって、お隣の小4の女の子が感想文を書くための本に選んでくれたりして。
お向かいの小5の女の子も「この本知ってるぅ。読んだよ♪」と言ってくれて。
小学校の図書室では、借りるのに順番待ちと言うウワサも耳にしています。
ツギオのクラスでは、1学期、私のおすすめの一冊として、本書を紹介してくれた子がいました。

苦手を克服する物語というと難しい印象ですが、
そういうテーマを堅苦しく意識せずに、楽しく読める本だと思います。


れっつ!スイミングれっつ!スイミング
(2008/12)
次良丸 忍琴月 綾

商品詳細を見る

主人公 ルカは、運動神経バツグンなのに、水泳だけは、なぜかチョー苦手。
ところがクラス対抗のドッジボール大会で優勝できなかったことがきっかけで、「次のスポーツ大会で優勝する」と宣言してしまいます。
次の大会はなんと…水泳大会。
水が顔にかかるのも嫌なほど苦手な水泳。大会まではあと二カ月しかない。
さあ、どうする! そして、ルカのとった行動は…。

もし、私が小4で、ルカの立場だったら…。ルカのとった方法を選べるだろうかと考えてみます。
きっと、はずかしいという気持ちが先にたって、かなり勇気がいるでしょう。できないかも。
でも、ルカは、友達やライバルに励まされたり、背中をおされたり、火花を散らしたりしながらチャレンジしていくのです。
読んでいくと、ルカの気持ちが変化しているのに気づきます。
「泳げるようにならなければ!」 から、いつしか「泳げるようになりたい!」に変わり、目標になっているのです。目標に向かう強い気持ち。私などは憧れます。

「苦手」は「目標」の進化前みたいですね。




☆「夏休みらしく♪」に拍手をありがとうございます。
今日は、夏休みらしく、息子が宿題から逃げないように見張っています^^v☆


夏休みらしく♪

子どもの成長とともに、夏休みの過ごし方も変わりますね。
猛暑で大変な夏ですが、
ツギオが小学生ラストの夏休みなので、
週末は、家族で夏らしいイベントを楽しもうと思ってます。
で、昨日は昼間プールで大はしゃぎして、夜は花火大会を遠くから見物しました。

気合いをいれて、妹が仕立ててくれた浴衣を着て花火を見ました。
反物は、たぶん20年くらい前に、母が私と妹に買ってくれたもの。
それなりに良いものだと思います。
帯は結んである簡単な帯です(^_^;)


ゆかた正面
ひとりで浴衣が着られるようになって、うれしい私。
ゆかた後


☆「さいたま水族館」に拍手をありがとうございます。水郷公園の湿地帯はムジナモの自生地だそうです☆
プロフィール

hayapi8

Author:hayapi8
(^_-)-☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。