スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スカイツリー

工事中の東京スカイツリー、見に行っちゃいました(^_^;)
テレビでよく見る、見物の人々の仲間入り。

出かける前は、
「えーっ、なんでスカイツリー見に行かなきゃいけないのー」
と、不満たらたらだったナガオ&ツギオ。
家でごろごろして、ゲームをしたかったみたいだけど、それって、これといってやることないとイコールだよね。
「行こうよー。行こうよー」
というわけで、
511メートルの東京スカイツリーです。
足元から見ると、さすがに、でかーい!
スカイツリー

スカイツリー展望台
展望台のアップです。

空も青くてきれい~♪
気持ちいい休日でした(^O^)/
ナガオは、一眼レフのカメラで忙しく撮影。
ツギオもうれしそうに、見物人のひとりとなって。
ほら、来て良かったでしょ
スポンサーサイト

乗るのが怖い

私は、そろそろ病歴10年で、隔週の通院がめんどうだなあと思っています。
そんな感じなら、治るんじゃないかと自分でも思うのですが、
無理をして、「怖い」と思うことにチャレンジすると…、

パニック発作を起こすのです。

そして、抗不安剤は、一日三回しっかり飲んでます。
主治医からは、まだ薬は減らせないと言われています。

でも、もっと自由に行動したい! と、それもまたストレスになるくらい感じています。

なので、克服したと聞けば、ものすごく気になります。
で、読みました。

「乗るのが怖い」というのは、乗り物であったり、閉鎖的な場所、劇場などの連なった椅子などなど、
とにかく逃げ場のない状況のことです。


乗るのが怖い―私のパニック障害克服法 (幻冬舎新書)乗るのが怖い―私のパニック障害克服法 (幻冬舎新書)
(2010/11)
長嶋 一茂

商品詳細を見る

著者がパニック障害だということは、テレビからの情報で知っていましたが、
ご自身がテレビに出るような仕事を続けているので、
病気の程度は軽いのかなとか、もう治ったのかな、と軽い感じで思っていました。
けれど、本を読むと、かなり重い状態から始まっていて、
現在はほぼ克服したと言いえるそうです。

本当に、本当に、治そうと思わなければ治らないし、治すのは自分であると。

そうだろうなとは思っていたけれど、やっぱり…。

克服法は、人それぞれだと思います。
でも、この本の中から参考になることは、たくさんありました。

私も治すためにいろいろ試みてるつもりなんですが、
身近な人たちから言われるのは、

「何もしていないじゃん」

本気にならないといけません




のぼうの城 上・下巻

来年、映画が公開される「のぼうの城」を読みました。

時は戦国時代、豊臣秀吉は天下統一を目前にしていました。
いよいよ関東の雄・北条家 小田原城を攻めるため、大軍は箱根の山を越えてきます。

物語の舞台は、小田原城の支城である武州・忍城(おしじょう)。
周囲を沼や湖に囲まれ、「忍の浮城」といわれた関東七名城のひとつだそうです。

石田三成率いる約二万の大軍に対して、忍城の兵力は五百。
そのうえ(?)、忍城軍総大将である城代の 成田長親は、領民から「でくのぼう」の「のぼう様」とあだ名される、と~ってもまったりとした人物。

それなのに、この忍城は小田原城の支城で唯一落城しなかった名城として名を残すことになります。
その「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦がこの物語。

面白かったです。何を考えているのかわからない「のぼう様」は、頼りない感じの憎めないキャラであり、時には、天才(?)とも思わせる言動があったりと、魅力ある人物に描かれています。

映画も楽しみです♪


のぼうの城 上 (小学館文庫)のぼうの城 上 (小学館文庫)
(2010/10/06)
和田 竜

商品詳細を見る


のぼうの城 下 (小学館文庫)のぼうの城 下 (小学館文庫)
(2010/10/06)
和田 竜

商品詳細を見る




行田市の水城公園ホテイアオイの群生していた沼は、かつて忍城を取り囲んでいた沼の一部だそうです。
水城公園ホテイアオイ群生
9月撮影

ひと休み♪

10月も11月もスケジュール帳がいっぱいで、時間があっという間に過ぎてしまいました。
その中には、「美容院」「歯医者」「泊りがけの外出」「普通電車に乗る」などなど、神経の張りつめる苦手な事がたくさんありました。
どれも、いつもなら逃げてしまうこと。
でも、どうしても出かけたいという強い思いがあったので、
病気を治す訓練にもなると思って、あえてチャレンジしたのですが…。

久しぶりにパニック発作がやってきました(^_^;)

それでも、苦手な事ができたのだから、
「よくやった!」「私はできたのだ!」と心の中で繰り返し、自分をほめることにします^^♪

で、いろいろなことが一応終わり、時間ができた昨日と今日はゆっくり本を読みました。


まる子だった (集英社文庫)まる子だった (集英社文庫)
(2005/03/17)
さくら ももこ

商品詳細を見る


初めて読んだエッセイは、「そういうふうにできている」です。
さくらももこさんの体質が、私とあまりによく似ていたので、勝手に親近感をいだいて、さらに笑えるので、好きなんです。
笑うっていいですよね。
欲しいなあ、笑いのセンス。



☆「れっつ!ランニング」に拍手をどうもありがとうございます。ツギオは、今日、校内マラソン大会で1600メートル走りました。マイペースで(^o^)☆
プロフィール

hayapi8

Author:hayapi8
(^_-)-☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。