スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お江 ~戦国の世を生きぬいて~

織田信長の姪として生まれ、数奇な運命をたどって、
徳川三代将軍・家光の母となった「お江」の物語です。
児童書です。


お江―戦国の世を行きぬいて (フォア文庫)お江―戦国の世を行きぬいて (フォア文庫)
(2010/12)
国松 俊英、十々夜 他

商品詳細を見る


NHKの大河ドラマの主人公になると聞いた時、
ちょっと驚きました。
お江が主人公になる…どんなドラマを持った女性なのかと。

私のイメージは、春日局vsお江。
世継ぎをめぐる対立のなかで、自分の我を通そうとする
ちょっとわがままな女性。

でも、主役となれば別の視点から「お江」を描くことになるのです。
とっても、興味があります♪

ドラマは見てませんが、
「お江」の物語や関連の本をいろいろと読んでみようと思ってます。

本書の「お江」は、二人目の父 柴田勝家からもらったお守りと言葉を
支えに、強く生きていく女性です。
「つらい日や苦難の日」は、その嵐が過ぎるのをじっとこらえて待つのだと。
かならず風はおさまり、晴れた日がやってくると。
雪の降る日に観世音菩薩の入ったお守りをもらう、
このシーンは、印象深く、象徴的でもあります。



☆「忍剣花百姫伝」に拍手をどうもありがとうございます。時代ものにはまりそうです^^☆
スポンサーサイト
プロフィール

hayapi8

Author:hayapi8
(^_-)-☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。