スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペレのあたらしいふく

ペレは、子羊を1ぴきもっていました。自分で世話し、自分だけのものにしていました。
(絵を見た感じでは、小学1年生か、もしかしたら幼稚園年長児くらいかも)
その、子羊の毛で、ペレはあたらし服をつくることにしました。

ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)
(1976/02)
エルサ・ベスコフ

商品詳細を見る

子羊の毛が服になるまでの話ですが、その展開が面白いです。
「わらしべ長者」がふと頭をよぎりますが、毛を何かと交換するわけではありません^^。
うちの息子たちにも、こういう生活力、欲しいです。


奥付によると、この作品は1910年代のものだそうで、100年近く前の絵本です。
でも、面白いです。現代の子供たちに是非読んでもらいたいと思います。
なんて、偉そうに言ってる場合ではありません^^;
私も、ペレのような生活力を身につけたいと思いますね。
生活すること、働くこと(収入になる、ならないは関係なく)の大切さ、すばらしさを感じる一冊でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayapi8

Author:hayapi8
(^_-)-☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。