スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

れっつ!スイミング を読んで

今年、地元の推薦図書になって、お隣の小4の女の子が感想文を書くための本に選んでくれたりして。
お向かいの小5の女の子も「この本知ってるぅ。読んだよ♪」と言ってくれて。
小学校の図書室では、借りるのに順番待ちと言うウワサも耳にしています。
ツギオのクラスでは、1学期、私のおすすめの一冊として、本書を紹介してくれた子がいました。

苦手を克服する物語というと難しい印象ですが、
そういうテーマを堅苦しく意識せずに、楽しく読める本だと思います。


れっつ!スイミングれっつ!スイミング
(2008/12)
次良丸 忍琴月 綾

商品詳細を見る

主人公 ルカは、運動神経バツグンなのに、水泳だけは、なぜかチョー苦手。
ところがクラス対抗のドッジボール大会で優勝できなかったことがきっかけで、「次のスポーツ大会で優勝する」と宣言してしまいます。
次の大会はなんと…水泳大会。
水が顔にかかるのも嫌なほど苦手な水泳。大会まではあと二カ月しかない。
さあ、どうする! そして、ルカのとった行動は…。

もし、私が小4で、ルカの立場だったら…。ルカのとった方法を選べるだろうかと考えてみます。
きっと、はずかしいという気持ちが先にたって、かなり勇気がいるでしょう。できないかも。
でも、ルカは、友達やライバルに励まされたり、背中をおされたり、火花を散らしたりしながらチャレンジしていくのです。
読んでいくと、ルカの気持ちが変化しているのに気づきます。
「泳げるようにならなければ!」 から、いつしか「泳げるようになりたい!」に変わり、目標になっているのです。目標に向かう強い気持ち。私などは憧れます。

「苦手」は「目標」の進化前みたいですね。




☆「夏休みらしく♪」に拍手をありがとうございます。
今日は、夏休みらしく、息子が宿題から逃げないように見張っています^^v☆


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayapi8

Author:hayapi8
(^_-)-☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。