スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷壁

井上靖氏の作品は、「しろばんば」しか読んだことがなく、
「氷壁」は、タイトルと、映画とかドラマになっていたな…くらいの知識でした。

雪山でのナイロンザイル切断遭難事故は、1955年の正月で、単行本は1957年に発行されています。その前に朝日新聞に連載をしていたそうなので、事故からすぐに書かれたようです。

実際に遭難されたのは、大学生で、そのお兄さんが、その後ナイロンザイルの強度について疑問を持ち、実験や調査をしていたそうです。なかなか業界にも世にも受け入れてもらえないその活動。
それを、井上氏が知って小説にしたそうです。

そのあたりのことは、ウィキペディア「ナイロンザイル事件」で。


氷壁 (新潮文庫)氷壁 (新潮文庫)
(1963/11)
井上 靖

商品詳細を見る


一番気になっていたのは、「事実」をどんなふうに「小説」にするのか。
大長編でしたが、読みやすかったこともあって早々に読み終わってしまいました。

小説なので、登場人物をはじめ、様々な設定は「事実」とは違い、創作の世界です。
山岳小説であり、恋愛小説であり、社会派小説でもある。ザイルの強度を追究する流れは、ミステリーのようでもあります。
そういう要素を「事実」に織り込んである感じでした。

読み終えて、しばらく考えているうちに、気がついたのは、小説の一番の種になっているのは、「青年は、なぜ命を落としたのか」だということでした。
そこから始めると、いろいろな原因が考えられるのです。
「自殺」「登山の技術的なミス」「ザイルが弱くて切れた」などなど。
その、原因のひとつひとつに、かかわる人物たちがいて、関係性が生まれて、物語になる。

読めば、誰にでもわかることかもしれないのですが、私としては、気付いたことがうれしくて、勉強になりました。

読んでいる間、博物館で見た、実物の岩とそこに固定されて先がちぎれたザイルが、ずっと頭の中に鮮やかにありました。なので、あくまでも小説ですが、不思議な感じがしました。



☆「夏の思い出 その1」に拍手をありがとうございます☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayapi8

Author:hayapi8
(^_-)-☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。