スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14歳の子を持つ親たちへ

14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)
(2005/04/15)
内田 樹名越 康文

商品詳細を見る


昨日から風邪で家事休暇中のため、今、一番気になる「思春期」を考えてみた。


物語などで14歳の子どもたちを読んだことはあるし、私だって、14歳の時はあったわけで…。
なのに、いざ息子が急激な変貌をとげたと実感したときは、想像していた変化とあまりに違っていて、かなりとまどった。


そうきたか! とか、ええーっ!! とか。そんな感じで、動悸、不整脈、息苦しい感じ、パニック発作が久しぶりにドカーンと襲ってきた。


で、いろいろ考えているうちに、不思議な年代だよなあと、しみじみ思った。
今は、この本にも書いてあるけれど、
子どもは親の思った通りには育たないのだ と納得しているし、
(私だって、そうだわ^▽^;)
もう、自分で自分の将来を模索して、歩き出そうとしているのだから、息子が相談してくれば、いつでも相談にのるよ。そんなふうでいいのかなと。


名越康文氏は精神科医で、内田樹氏は仏文学者です。
子育てのマニュアル本ではありません。14歳の子どもって、こういう存在なんじゃないかということを対談している本です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayapi8

Author:hayapi8
(^_-)-☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。